HOME >> 競売とは >> 商事債権は5年で時効

商事債権は5年で時効

消滅時効
消滅時効とは真実の権利関係に関係無く、一定期間その権利を行使しないことにより、その権利が消滅してしまうことを指します。 これは社会の法律関係の安定や権利の上に眠る者は保護の対象にはならないという考えから来ています。

* 商事債権・5年(商法第522条)
* 一方が会社であれば商事債権となる
* 金融機関・サラ金の貸付金債権
* 年金・恩給・扶助料・地代・利息・賃借料(民法第169条)
* 労働者の退職手当
* 財産管理に関する親子間の債権(民法第832条)
* 相続回復請求権 相続権を侵害された事実を知ったときから(民法第884条)


* 一般の民事債権・10年(民法第167条)
* 個人間の貸金債権

« 固定費産税は誰が払うの | HOMEへ | 競売と任意売却 »

【競売とはカテゴリーの関連記事】

競売の後そのまま住み続ける
立退料の交渉
競売と任意売却
商事債権は5年で時効
固定費産税は誰が払うの
競売終了後に残るローンの返済
担保不動産競売開始決定


競売ホットラインへご相談下さい!

銀行・金融機関から任意売却をしませんかという通知が届いた場合、あなたにはそれほど多くの時間は残されていません。この通知が最後通知のようなものなんです。 この通知に返答しないと、流れは一気に競売へと突き進みます。 競売となってしまっても、任意売却との同時進行で処理出来る場合が多いのですが、この申し出が届いたら、出来うる限り早く行動を起こしてください。お気軽に何でもご相談ください。

競売ホットライン - フリーダイヤル 0120-714-356
競売ホットライン - メールでお問い合わせ

メインメニュー

サポートスタッフ

»

お問合せ