HOME >> 競売とは >> 立退料の交渉

立退料の交渉

立退料の目安は東京/神奈川ですと1戸建てで30万円前後が多いようです。
競売物件を専門に扱っている業者さんですと、立ち退き交渉人員、引越専門の部署などを抱えている場合が有ります。 このような方々に落札された場合の立退料は5万円 ~ 10万円が相場のようです。

チョット怖い系の不動産会社さんが落札をした場合には、それなりの恐怖体験を味わえるかもしれません。 立ち退き料の交渉は程々にね。

引渡命令とは、競売で不動産を落札して買い受けたものの、不動産を占有している人が居るため不動産を自己使用出来ない買受人のために、裁判所が通常の正式な裁判よりも簡易迅速かつ低コストな手続きにより、競売不動産を買受人に引き渡すことを命ずる手続きです。

最終的にこの引渡命令をよりどころとして、執行官に申立て、強制的に立ち退かせることが可能となります。 任意の明け渡し交渉をしてくる場合でも、この申立てを並行してして行ってくる場合が多いようです。

« 競売と任意売却 | HOMEへ | 競売の後そのまま住み続ける »

【競売とはカテゴリーの関連記事】

競売の後そのまま住み続ける
立退料の交渉
競売と任意売却
商事債権は5年で時効
固定費産税は誰が払うの
競売終了後に残るローンの返済
担保不動産競売開始決定


競売ホットラインへご相談下さい!

銀行・金融機関から任意売却をしませんかという通知が届いた場合、あなたにはそれほど多くの時間は残されていません。この通知が最後通知のようなものなんです。 この通知に返答しないと、流れは一気に競売へと突き進みます。 競売となってしまっても、任意売却との同時進行で処理出来る場合が多いのですが、この申し出が届いたら、出来うる限り早く行動を起こしてください。お気軽に何でもご相談ください。

競売ホットライン - フリーダイヤル 0120-714-356
競売ホットライン - メールでお問い合わせ

メインメニュー

サポートスタッフ

»

お問合せ