HOME >> 競売の流れ >> 任意売却を認めもらえない

任意売却を認めもらえない

UR都市機構、東京都住宅供給公社などから競売を申立られてしまうと、任意売却を認めてもらえません。

また、民間の銀行さんでも一旦、競売にしてしまうと取り下げには応じないことが有ります。
この場合は任意売却との平行で処理を進めていかねばなりません。 そして、ここで問題になるのは物件の販売価格です。 債権者からの販売価格を提示されないことの方が多いのです。

上記以外の例として任意売却が認めてもらえないケース。
金融機関の話し合いをことごとく無視していた場合です。 競売から任意売却を認めてくれている銀行さんですら任売を認めない事が有ります。 銀行の担当者に聞いてみると、『◎◎さんは、こちらの提案をことごとく無視して来ましたから』と言われることが有ります。

チョットでも有利に任意売却を完結するには、私たちのような経験豊富なプロを頼ってください。

« 「 競売 」にしても「 任意売却 」でも、「 債務 」は残ります! | HOMEへ | 競売のメリット »

【競売の流れカテゴリーの関連記事】

競売のメリット
任意売却を認めもらえない
「 競売 」にしても「 任意売却 」でも、「 債務 」は残ります!
競売の流れ


競売ホットラインへご相談下さい!

銀行・金融機関から任意売却をしませんかという通知が届いた場合、あなたにはそれほど多くの時間は残されていません。この通知が最後通知のようなものなんです。 この通知に返答しないと、流れは一気に競売へと突き進みます。 競売となってしまっても、任意売却との同時進行で処理出来る場合が多いのですが、この申し出が届いたら、出来うる限り早く行動を起こしてください。お気軽に何でもご相談ください。

競売ホットライン - フリーダイヤル 0120-105-735
競売ホットライン - お問合せフォーム

メインメニュー

サポートスタッフ

»

お問合せ