HOME >> 競売のデメリット >> 競売のデメリット

競売のデメリット

住宅金融支援機構から住宅資金をお借入していて、その返済が滞り、度重なる督促を無視し続けた結果、裁判所から担保不動産競売開始決定通知が送られて来た場合、任意売却を認めてもらえる公算はかなり低いです。

住構が競売まで行ってしまわれた方の任意売却を認めない理由は、競売になるまでに何度も何度も話し合いの場、任意売却のご提案をしていたのに無視し続けた誠意の無さに対する回答です。

主な競売のデメリット

* 任意売却に比べ返済額が多い
任意売却時と比べ、売却価格が20% ~ 40%低くなってしまうケースが多く、その分債務が残ってしまいます。
* 近所にはバレると思います
競売開始決定後にはその情報が公開されます。 情報は裁判所で閲覧することが可能となり、インターネットなどにも掲載されるため、近隣に知られる恐れがあります。 また、入札予定者が聞き込みを行う目的で、近隣を訪問することがあります。
* 総ての交渉は自分で
落札され新たな所有者が現れた際には、速やかに物件を明け渡さなくてはなりません。また、転居先が見つかっていない場合でも、強制的に執行となります。 尚、引越し費用等は基本的に全て本人負担となります。 立ち退き費用の交渉もご自分で行わないといけません。
* お子様に精神的被害が
競売にかかってしまわれた方々の中には、一番辛かったのが子供が近所でイジメに遭った、学校でイジメに遭ったと言われております。 競売はご自分だけの問題ではなく家族全員に関わる大問題です。
* その他の不安要素が多い
裁判所からの執行官が来て室内の写真を撮られたり、誰が落札するのか、いつ退去すればいいのかわからなかったりといった、様々な不安要素があります。

« 競売で落札されないと | HOMEへ | 競売後のデメリット: 立退き料・引越し代の交渉 »

【競売のデメリットカテゴリーの関連記事】

競売後のデメリット: 立退き料・引越し代の交渉
競売のデメリット
競売で落札されないと
競売が任意売却よりも有利な点/メリット


競売ホットラインへご相談下さい!

銀行・金融機関から任意売却をしませんかという通知が届いた場合、あなたにはそれほど多くの時間は残されていません。この通知が最後通知のようなものなんです。 この通知に返答しないと、流れは一気に競売へと突き進みます。 競売となってしまっても、任意売却との同時進行で処理出来る場合が多いのですが、この申し出が届いたら、出来うる限り早く行動を起こしてください。お気軽に何でもご相談ください。

競売ホットライン - フリーダイヤル 0120-714-356
競売ホットライン - お問合せフォーム

メインメニュー

サポートスタッフ

»

お問合せ