HOME >> 競売のデメリット >> 競売終了後、数年経って

競売終了後、数年経って

2年前に家を競売で失いました。 そして、間もなくして○○○銀行系の信用保証会社からサービサーに移管。 残債は約1,200万円。

とりあえず1年程、毎月2 ~ 3万円を振込んで、400万円でいいから、一括払いの準備をしてみろと言われ、四方八方手を尽くしたが、当然失敗に終わる。 相互連絡はたまにしかしなかったが、昨日、裁判所より、突然訴状が届きショックを隠しきれません。
今までは、なんとなく、だらだらとした状態の交渉だったので、不意打ちを喰らった感じで、右往左往していま。

上記のようなご相談が週に2回 ~ 3回は寄せられております。 多くの業者さんは任務完了後のアフターケアはほとんど行っておりません。 選ぶ業者さんを間違えると、ここでまた、弁護士費用などが発生することになります。

« 競売後の残債(ローン)の返済額 | HOMEへ

【競売のデメリットカテゴリーの関連記事】

競売終了後、数年経って
競売後の残債(ローン)の返済額
競売後のデメリット: 立退き料・引越し代の交渉
競売のデメリット
競売で落札されないと
競売が任意売却よりも有利な点/メリット


競売ホットラインへご相談下さい!

銀行・金融機関から任意売却をしませんかという通知が届いた場合、あなたにはそれほど多くの時間は残されていません。この通知が最後通知のようなものなんです。 この通知に返答しないと、流れは一気に競売へと突き進みます。 競売となってしまっても、任意売却との同時進行で処理出来る場合が多いのですが、この申し出が届いたら、出来うる限り早く行動を起こしてください。お気軽に何でもご相談ください。

競売ホットライン - フリーダイヤル 0120-714-356
競売ホットライン - お問合せフォーム

メインメニュー

サポートスタッフ

»

お問合せ