HOME >> 連帯債務 >> 連帯保証人からはずれたい

連帯保証人からはずれたい

しばしば、「あなたには絶対に迷惑はかけないから」と頼まれて連帯保証人になり、結果的に他人の借金を負わされて苦労する人がいます。

借金をする際に保証人が必要とされる場合、その保証人とはほぼ「連帯保証人」のことをいいます。 また、住宅ローンを組む際に連帯保証人を求められる場合もあります。 が、その保証内容はかなり厳しいものといえます。

連帯保証人とは
実際にお金を借りた本人(主債務者といいます)の債務(借金)について、主債務者と同様の弁済(返済)の義務を負う人のことをいいます。

連帯保証人には、主債務者の返済が遅れ、債権者 が「直ちに全額一括で支払え!」と連帯保証人に請求をしてくれば連帯保証人はこれ を拒むことはできず、請求に応じなくてはいけません。

通常の保証人なら、債権者から請求されたときに、「先ずは、主債務者に請求してください!」と言える権利(「催告の抗弁」)や、「主債務者の財産を先に執行してくれ !」と言える権利(「検索の抗弁」)を有していますが、連帯保証人はこれらの権利が認められておりません!

HOMEへ | 連帯債務者とは »

【連帯債務カテゴリーの関連記事】

連帯債務者とは
連帯保証人からはずれたい


競売ホットラインへご相談下さい!

銀行・金融機関から任意売却をしませんかという通知が届いた場合、あなたにはそれほど多くの時間は残されていません。この通知が最後通知のようなものなんです。 この通知に返答しないと、流れは一気に競売へと突き進みます。 競売となってしまっても、任意売却との同時進行で処理出来る場合が多いのですが、この申し出が届いたら、出来うる限り早く行動を起こしてください。お気軽に何でもご相談ください。

競売ホットライン - フリーダイヤル 0120-714-356
競売ホットライン - お問合せフォーム

メインメニュー

サポートスタッフ

»

お問合せ