HOME >> 連帯債務 >> 離婚をするので連帯保証人から外れたい

離婚をするので連帯保証人から外れたい

離婚をするので連帯保証人から外れたい、離婚をするので連帯債務を止めたい。

まず無理とお考えください。
住宅ローンを借りている金融機関にご相談なされるの最良の方法です。

ローンおよび借金を残したまま連帯保証人としての立場を解任してもらう場合には、代理の連帯保証人を立てたり、物的担保(家や車など)を設定したりしなければならないでしょう。 ただ、どういった方法で連帯保証人を解任できるかは、個々の借金の契約内容による場合もありますので、一度、契約書を見直してみましょう。

司法書士さん、弁護士さんにご相談なさると良いかもしれません。

また、金融機関によっては、残っているローンの80パーセントを返済していただければ、連帯債務、連帯保証人を外しますよというところもございます。

« 連帯保証人には迷惑はかかります | HOMEへ | 離婚をするので連帯保証人から外れたい、離婚をするので連帯債務を止めたい。 »

【連帯債務カテゴリーの関連記事】

離婚をするので連帯保証人から外れたい、離婚をするので連帯債務を止めたい。
離婚をするので連帯保証人から外れたい
連帯保証人には迷惑はかかります
連帯債務者とは
連帯保証人からはずれたい


競売ホットラインへご相談下さい!

銀行・金融機関から任意売却をしませんかという通知が届いた場合、あなたにはそれほど多くの時間は残されていません。この通知が最後通知のようなものなんです。 この通知に返答しないと、流れは一気に競売へと突き進みます。 競売となってしまっても、任意売却との同時進行で処理出来る場合が多いのですが、この申し出が届いたら、出来うる限り早く行動を起こしてください。お気軽に何でもご相談ください。

競売ホットライン - フリーダイヤル 0120-714-356
競売ホットライン - お問合せフォーム

メインメニュー

サポートスタッフ

»

お問合せ