HOME >> 連帯債務 >> 離婚をするので連帯保証人から外れたい、離婚をするので連帯債務を止めたい。

離婚をするので連帯保証人から外れたい、離婚をするので連帯債務を止めたい。

離婚をする際に、ローンの残っているマンションをもらいました。
夫が、離婚後もマンションローンを返済し続けるとの約束だったのですが、先日ローン延滞のため、期限の利益の喪失通知、そのご代位弁済通知が届きました。 そして、本日、競売予告通知がきました。 私はマンションローンの連帯保証人ですどうすればよいのでしょうか?

しばしば頂くご質問です。
まず、競売にかけられたマンションに妻が連帯保証人になっていて、債権者が抵当権を設定していますので、その債権者が優先的に得た競売代金と一般破産財源配当金(ほとんど無い金)の合計金でその債権者への残債に不足がある場合には連帯保証人である妻にその残債不足分返済の義務があります。

もし、競売にかけられた不動産に其の債権者が抵当権を設定していなかった場合、其の債権者は他の一般債権者との比例配分配当になるためほとんど残債の減少は見込まれません。 いずれにしても連帯保証人(この時は妻)は其の債権者が得た残債引当金をひいた正味の債務を負います。

« 離婚をするので連帯保証人から外れたい | HOMEへ | 連帯保証人も自己破産をしなければ »

【連帯債務カテゴリーの関連記事】

連帯保証人も自己破産をしなければ
離婚をするので連帯保証人から外れたい、離婚をするので連帯債務を止めたい。
離婚をするので連帯保証人から外れたい
連帯保証人には迷惑はかかります
連帯債務者とは
連帯保証人からはずれたい


競売ホットラインへご相談下さい!

銀行・金融機関から任意売却をしませんかという通知が届いた場合、あなたにはそれほど多くの時間は残されていません。この通知が最後通知のようなものなんです。 この通知に返答しないと、流れは一気に競売へと突き進みます。 競売となってしまっても、任意売却との同時進行で処理出来る場合が多いのですが、この申し出が届いたら、出来うる限り早く行動を起こしてください。お気軽に何でもご相談ください。

競売ホットライン - フリーダイヤル 0120-714-356
競売ホットライン - お問合せフォーム

メインメニュー

サポートスタッフ

»

お問合せ