HOME >> 連帯債務 >> 連帯保証人も自己破産をしなければ

連帯保証人も自己破産をしなければ

債務者本人が自己破産をして免責されたとしても、それは保証人には何の影響もありません。
よって、債務者の他に保証人・連帯保証人がいるのであれば、今度はそちらに借金の督促が集中することになります。 だからと言って、保証人に迷惑はかけられないといって自己破産を躊躇しても何の解決にもなりません。

ですから、自分が自己破産をする前に必ず保証人にも今の実情を正直に話して、その保証人を含めた債務整理を考える必要があります。 場合によっては保証人も自己破産をする必要がでてきますがそれも仕方ないでしょう。

保証人は主たる債務者に支払能力がなければ、債権者から支払請求を受けます。もし、債務者が自己破産をしても保証人/連帯保証人には何ら影響がありませんので、保証人も支払能力がない場合は保証人も任意整理や自己破産などの債務整理手続を取る必要があります。

とにかく大切なことは保証人に対して誠意をもって全てをきちんと説明するということであり、そのような義務が債務者にはあるのです。

« 離婚をするので連帯保証人から外れたい、離婚をするので連帯債務を止めたい。 | HOMEへ

【連帯債務カテゴリーの関連記事】

連帯保証人も自己破産をしなければ
離婚をするので連帯保証人から外れたい、離婚をするので連帯債務を止めたい。
離婚をするので連帯保証人から外れたい
連帯保証人には迷惑はかかります
連帯債務者とは
連帯保証人からはずれたい


競売ホットラインへご相談下さい!

銀行・金融機関から任意売却をしませんかという通知が届いた場合、あなたにはそれほど多くの時間は残されていません。この通知が最後通知のようなものなんです。 この通知に返答しないと、流れは一気に競売へと突き進みます。 競売となってしまっても、任意売却との同時進行で処理出来る場合が多いのですが、この申し出が届いたら、出来うる限り早く行動を起こしてください。お気軽に何でもご相談ください。

競売ホットライン - フリーダイヤル 0120-714-356
競売ホットライン - お問合せフォーム

メインメニュー

サポートスタッフ

»

お問合せ