HOME >> 任意売買とは >> 任意売却とは

任意売買とは

融資を受けている債務者と抵当権者(債権者)との合意の元に適正価格で問題の不動産を売却し、売却代金を返済することです。
マンション・戸建住宅などを購入した後、何らかの事情で収入が減ってしまい、住宅ローンの返済が困難になってしまう事が有ります。 返済が滞り出すと債権者から競売の申し立てをされます。 債権者は、強制的にその不動産をお金に換えて回収しようとします。

しかし、競売の場合、落札価格が一般の不動産の市場価格よりも2 ~ 4割ほど低い価格になることが多いのです。
売却代金での債権者への返済が不足した場合は不動産を処分されたにもかかわらず、ローンの残債務(借金が残ってしまいます)が出ます。

少しでも高額にて売却できれば、債権者へより多くの借金が返済が出来ます。 そこで、任意売却という方法を取るのです。

任意売却は、融資を受けている債権者総ての同意を得なければなりませんが、遅かれ競売される物件を一般の不動産市場に売りに出して、市場価格に近い価格で売却を試み現金に換えることです(換価すると言います)。

« 遅延損害金 | HOMEへ

【任意売却とはカテゴリーの関連記事】

任意売却とは
遅延損害金
住宅ローンの滞納は何ヶ月目でしょうか?
任意売却のタイムリミット
連帯保証人には迷惑はかかります
任意売却を至急考えて欲しい方


競売ホットラインへご相談下さい!

銀行・金融機関から任意売却をしませんかという通知が届いた場合、あなたにはそれほど多くの時間は残されていません。この通知が最後通知のようなものなんです。 この通知に返答しないと、流れは一気に競売へと突き進みます。 競売となってしまっても、任意売却との同時進行で処理出来る場合が多いのですが、この申し出が届いたら、出来うる限り早く行動を起こしてください。お気軽に何でもご相談ください。

競売ホットライン - フリーダイヤル 0120-714-356
競売ホットライン - お問合せフォーム

メインメニュー

サポートスタッフ

»

お問合せ