HOME >> 任意売却の流れ >> 住宅金融支援機構への返済の滞納が出来なくなりそうだ

住宅金融支援機構への返済の滞納が出来なくなりそうだ

[ 1 ] 任意売却専門業者に相談
現在は住宅ローン返済の滞納は無いけれども、このままでは遅かれ滞納がはじまりそうだ。
先ずは、ローンの融資を受けている住宅金融支援機構に返済条件の見直しのお願いをしてください。 返済のリスケジューリングといいまして、月々の返済額の圧縮などのお願いをしてください。
住宅金融支援機構の "月々の返済でお困りになったときは" を参考になさってください。

すでに、住宅金融支援機構(旧・住宅金融公庫)などと話し合ったが、リスケは認めてもらえなかった場合などは任意売却でいくしか道はないと考えます。 私たちにご相談いただければ最善の方法をご提案できるかと存じます。

相談料・調査費用・コンサルタント料などの料金は有りません。

[ 2 ] ローンを滞納する前に当、任意売却相談デスクに依頼

* 住宅金融支援機構(旧公庫)への任意売却申出書という書類にご記入いただきます。
* 物件および物件の販売価格の調査を行います。

任意売却の専門業者であれば、相談料/調査などは無料が当たり前です。

[ 3 ] 当社が住宅金融支援機構(旧・公庫)に当該不動産の査定価格(近隣の相場価格)を提示・確認

* ご依頼主様に不動産の査定価格(近隣の相場価格)を報告

[ 4 ] 依頼主様と当社で任意売却の専任媒介契約を締結いたします。

* 物件売却に必要な書類を記入戴き、ご依頼主様と当社で専任媒介契約の締結します。

ご依頼くださる方に、一切の料金のご負担は有りませんが、印鑑証明と取っていただく費用とか送料は実費となります。

[ 5 ] 当社が住宅金融支援機構に販売活動する旨を伝えます。
上記の [ 2 ] ~ [ 4 ] の順序は曖昧です。 [2][3][4]が入れ替わることもございます。 また[2][3][4]が同時に進行してしまう場合もございます。 また住宅支援機構のエリアによりましても上記順序はマチマチです。

* 専任媒介契約書のコピーを住宅金融支援機構に送付します。


[ 6 ] 当社で業者間物件情報システム『レインズ』などへ積極的に登録を行い販売をします。

* 依頼された物件の契約を可能な限り早くするために、『Yahoo不動産』,『Home's不動産』,『新聞折り込み広告』,『住宅情報誌』および『販売会』を積極的に行います。

[ 7 ] 当該不動産が購入希望者より購入の打診を受ける。

* 当社が購入希望者様より買付証明書を受理します。

[ 8 ] 当社が債権者に買付証明書を提出し、売却金額の同意を貰う。

[ 9 ] 売買契約の締結。 居住している場合には引っ越し先を探していただきます。

[ 10 ] 各債権者と、抵当権全額の抹消の協議と応諾『配分表』の作成。

[ 11 ] 総ての抵当権者との合意、抵当権の解除、そして差押え/競売の取り下げ。

* 引っ越し後の生活状況表を提出。

[ 12 ] 決済・所有権移転そしてお引き渡し。

[ 13 ] 債権者との残債の返済について、[ 11 ] で提出した生活状況表を踏まえて決定する。

* 残るローン残債については、各々サービサーによって大きく変わります。
* 残債務の返済については、債権者と当初きめた返済額を、何度か見直しして貰う事が可能ですので、その都度、債権者と交渉する事をお勧めします。

[ 14 ] 住宅ローン地獄からの解放そして再スタート。

[ 15 ] 数年後位には、新しいマイホームの購入が可能となかもしれません。

* 数年して、ご依頼人様の置かれた状況に大きくさゆうされます。
* ブラックリストに記載されているのも関わらず、新たに住宅ローンの組めた過去の依頼人も数名おります。
* ブラックリストには5年 ~ 10年は載っているとお考えください。

HOMEへ

【任意売却の流れカテゴリーの関連記事】

住宅金融支援機構への返済の滞納が出来なくなりそうだ


競売ホットラインへご相談下さい!

銀行・金融機関から任意売却をしませんかという通知が届いた場合、あなたにはそれほど多くの時間は残されていません。この通知が最後通知のようなものなんです。 この通知に返答しないと、流れは一気に競売へと突き進みます。 競売となってしまっても、任意売却との同時進行で処理出来る場合が多いのですが、この申し出が届いたら、出来うる限り早く行動を起こしてください。お気軽に何でもご相談ください。

競売ホットライン - フリーダイヤル 0120-714-356
競売ホットライン - お問合せフォーム

メインメニュー

サポートスタッフ

»

お問合せ